本文へスキップ

大起産業株式会社は、商品先物取引・くりっく365・くりっく株365を取り扱っています。

TEL. 052-201-6311

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-2-13


商品先物取引

・商品先物取引とは?

商品先物取引を一言でいうと、「将来の一定時期に物を受け渡しすることを約束して、その価格を現時点で決める取引」です。

市場経済の下、様々な物の価格が変動する今日の社会において、先物取引はその価格変動リスクを回避する重要な役割を担っています。

経済活動的には、ある物の価格の下落(上昇)によって被る損失を、他の取引で行うのが、先物取引を利用したヘッジングです。例えば、商社が海外で買い付けた原油が日本に到着するまでに値下がりしたら、高値で買い付けた原油を安値で売却することになり、この商社は多額の損失を被る可能性があります。こうした損失を回避するために、先物市場であらかじめ「売り契約」を行うことで、現物取引の損失を先物取引の利益で相殺することが可能になります。

一方、投資・投機という観点では、商品価格の値上がり(値下がり)を予想して売買を行うことで、利益(損失)を出す取引になります。買って値上がり(売って値下がり)すれば利益になり、買って値下がり(売って値上がり)すれば損失になります(以下の四通りです)。

買って値上がりすれば利益 買って値下がりすれば損失
     
売って値下がりすれば利益 売って値上がりすれば損失

一般の金融取引では、値上がりを予想して買うのが一般的ですが、商品先物取引では「買い」だけでなく、「売り」からも取引を開始することができます。つまり、値上がりでも値下がりでも利益追求を行うことができます(もちろん、予想した方向と反対に動けば損失です)。

また、実際に現物を買い付ける総代金がなくても、手元に現物を持っていなくても、売買差益を追求することができます。概ね総取引金額の10%前後の取引証拠金を預託することで、現物売買と同様の成果を追求できます。いわゆる「レバレッジ」です。しかし、このような資金効率の良さは、相場が逆に動いた際の損失が大きくなることも意味します。このため、実際の取引に際しては、資金に余裕を持ち、しっかとりした計画のものに参加することが必要です。

※詳細につきましては、「契約締結前交付書面」をご覧下さい。
















大起産業株式会社

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-2-13

TEL 052-201-6311
FAX 052-220-1593