本文へスキップ

大起産業株式会社は、商品先物取引・くりっく365・くりっく株365を取り扱っています。

TEL. 052-201-6311

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-2-13


初めての商品先物取引

・商品先物取引って、なに?

将来の価格を今、決めるのが商品先物取引
魚や野菜など生鮮食品の卸売市場では、その日の食品の価格を決めています。これと同様に、株式市場でもその日の株価を決めています。一方、商品先物取引は最長で1年先の商品価格を現時点で決めています。1年先の商品価格を、需要や供給見通しなどを考慮しながら、決定します。

取引に決済期限がある
商品先物取引は、将来の一定期限に受け渡しを行うことを約束するものなので、決済期限があります。一般的には、取引最終日までに差金決済で損益を確定します。決済期限は各商品によって異なりますが、最長で1年です。

差金決済ができる
商品先物取引では、買値(売値)と売値(買値)との差額を清算することで、取引を終了させることができます。買いの場合は価格が上がっていれば利益、価格が下がっていれば損失になります。売りの場合は価格が下がっていれば利益、価格が上がっていれば損失になります。これを差金決済と言います。一方、商品現物の受け渡しを行うことも可能です。

・商品先物取引は証拠金取引

証拠金を預託して取引
商品先物取引では、総取引金額の10〜30%前後を預託することで取引が可能です。つまり預託金の額に比較して実際の取引金額は何十倍もの大きな金額になるため、大きな利益を出せる可能性がある一方、巨額の損失になる可能性もあります。このため、慎重な取引が必要です。

取引銘柄
商品先物取引は、経済産業大臣または農林水産大臣の許可を受けた商品取引所で行われています。貴金属、石油、ゴム、大豆、トウモロコシなどの商品が上場されています。

積極的な投資手法
商品先物取引は値上がりを予測して「買う」だけでなく、値下がりを予測して「売る」ことも可能です。

・商品先物取引のリスク

損益の計算
商品先物取引では、買値(売値)と売値(買値)の差額によって損益が決まります。買い注文から始めた場合は、価格が上昇すれば利益、逆に下落すれば損失になります。一方、売り注文から始めた場合は、価格が下落すれば利益、逆に価格が上昇すれば損失になります。

証拠金以上の損失の可能性も
商品先物取引は上述のように証拠金取引になるので、実際には証拠金以上の金額の取引を行うことになります。このため、最初に預託した証拠金以上の損失が発生する可能性もあります。

・リスクを踏まえて取引を

余裕資金で取引する
商品先物取引は短期間で大きな利益が得られる可能性がある一方、逆に大きな損失を被る可能性もあります。このため、取引は生活資金ではなく、余裕資金で行う必要があります。当初の投資額を上回る損失となる可能性もあるので、追加の資金が必要となる場合にも備えておく必要があります。

取引方針を決めておく
相場はいつも自分の思惑通りに動くとは限りません。このため、取引を開始する前から自分の取引方針を決めておき、資金の余裕を心がけておくことが必要です。

・自己責任に基づいた取引

売買の判断は自己責任で
投資には損益が伴います。「売るのか、買うのか」、「決済するのか、取引を続けるのか」といった判断は、全て投資家自身で行うことが必要です。外務員からのアドバイスや助言は、あくまでも参考と心がけて下さい。

値動きの要因
株価が景気動向や企業業績で変動するように、商品価格も景気や需給動向などによって変動します。需給、為替、天候、政治情勢などがどのように商品価格に影響するのか把握できるのか、チェックして下さい。

情報が大切
商品先物取引の価格は常に変動します。外務員から提供される情報の他に、新聞や雑誌、インターネットなどでも様々な情報を得ることができます。





























大起産業株式会社

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-2-13

TEL 052-201-6311
FAX 052-220-1593